忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幻想空論(前) より続く。

長い記事です。気長にどうぞ。



 前記事で、宝具を撃つには礼装が必要だ、という言葉を、以下のように整理した。

 (1) NP は普通の方法ではほとんど溜められない。
 (2) よって、初期値を大きく上げなければならない。
 (3) ゆえにこそ、初期 NP を上昇させる礼装は最強である。


 問題ははっきりしてきた。というよりも、最初からそこしかありえなかった。
 (1) 。「普通の方法では NP を溜められない」。

 これは本当なのだろうか?




 さて。同じく前の記事で、NPを貯める方法をいくつかあげた。
 それをもう一度、まとめた形で提示しよう。

 (a) 攻撃に ARTS を使う。
 (b) ターンの最初に ARTS を選び、以降の札の NP 獲得量を伸ばす。
 (c) ARTS を 3 枚選び、アーツチェインボーナスの NP +20% を狙う。


 このうちどの手を使っても、前の記事では正直、焼け石に水だった。
 普通の方法では、とても NP 100% を達成できないように思われた。

 だが、本当にそうだろうか?

 (a)、(b)、(c)、どの方法についても、ひとつあきらかな共通点がある。
 それは、 ARTS を使っているということだ。
 つまり、ターンごとに使える ARTS の枚数が影響する。

 前の記事で使ったパーティを、もう一度見てみよう。



 デッキの中の ARTS は3枚。もしかすると、ここが問題ではないだろうか?
 デッキの中に入っている ARTS の枚数を上げたなら?
 もしかすると、少しはマシになるのではないだろうか?

 早速、ためしてみることにしよう。
 もし効果があるとするなら、多少大きめに見てみたい。
 ので、デッキ内の ARTS を 2 枚増やしてみる。



 デッキ内の ARTS は合計 5 枚だ。
 このパーティで、さきほどと同じクエストを戦ってみる。

 使うテクニック(というほどのものでもないけれど)は、

 (a) 攻撃に ARTS を使う。
 (b) ターンの最初に ARTS を選び、以降の札の NP 獲得量を伸ばす。
 (c) ARTS を 3 枚選び、アーツチェインボーナスの NP +20% を狙う。


 の 3 つだけだ。



 やった。 ARTS の枚数を増やした成果だろうか。
 1 手目にして ARTS チェインが成立する。
 さっそく選んで、NP をタメていくことにする。



 敵を 1 体片付けたところで、だいたい、平均 30 ほど上がってくれた。
 この調子で、1wave (第 1 戦目)の敵を片付けていく。

 2 wave (第 2 戦目) に突入したとき、 NP はこうなった。



 思ったよりよく溜まっている。ここからさらに3体の敵を倒した。
 3 wave (第 3 戦目) に突入すると、 NP の状況はこんな塩梅になっている。



 当然というべきか、100 % に達したサーヴァントは一人もいない。
 幸運にも ARTS チェインが発生したにも関わらず、だ。
 やはり、通常の攻撃などで NP を溜めるのは無理があるのだろうか?

 諦めるのはまだ早い。ARTS の枚数は、さらに増やすことができる。

 次のパーティを用意しよう。



 デッキ内の ARTS の枚数は、合計 6 枚だ。
 この調子で1枚ずつ追加してく。
 ただ、戦闘画面をすべて載せると、今回ただでさえ長い紙幅がさらに長くなる。

 そこで、各 wave 開始時ののステータス欄を出すことにしよう。
 このときの NP 量がみえれば、どの程度 NP が溜まるかはひと目でわかる。

 戦闘中に使うテクニック、念頭に置く札の選び方は、あくまでこの 3 種類。

 (a) 攻撃に ARTS を使う。
 (b) ターンの最初に ARTS を選び、以降の札の NP 獲得量を伸ばす。
 (c) ARTS を 3 枚選び、アーツチェインボーナスの NP +20% を狙う。


 この動きをまずは優先して、クエストに挑む。
 さあ、どうなるだろうか?



 3 戦目の NP 量は、平均して約 80 。
 そして、 1 人が NP 100 % を達成している!
 ARTS が 5 枚の時より、明らかに溜まる速度が速い。



 蛇足ながら、ここでエウリュアレが《吸血》を使うと、実に2人が 100 %。
 もちろんこのあとは、宝具を連打してクエストは決着した。

 ARTS 6 枚のデッキは、どうやら悪くないようだ。
 では、さらに増やすとどうなるだろう?
 次なるパーティを用意してみよう。



 今度は、デッキの中の ARTS 7枚。
 よく考えたら 1 戦目は全員 NP 0% に決まっているので、そこは省略してしまおう。

 意識するのは、あくまで上の(a)(b)(c)のみ。
 各wave(戦闘)での NP の溜まり具合は、どうなっているだろうか?



 なんということだろう。 3 戦目の平均 NP は、130% を超えている。
 もちろん、全員宝具を発射可能な状態だ!

 このあと、すぐに宝具を撃って、クエストを終わらせることができた。

 それでは、さらに ARTS を増やしてしまおう。



 今度は ARTS が8枚ある。
 さあ、結果はどんなものだろうか。



 平均 NP は……実に 160%!
 うまく立ち回れば、3wave(第3戦)までに、宝具が2回撃てるかもしれない。
 つまり、1回 0% になったあと、100% までチャージし直すということだ。



 それでは……ARTS が 9枚ならば?

 同じく、 2wave(第2戦)と 3wave (第3戦)開始時の状態を見てみよう。



 NP の平均は、なんと、190% にも達した。
 当然のように、うち二人は 200% を突破している。
 つまり、先ほど示した 3 つの心がけ、

 (a) 攻撃に ARTS を使う。
 (b) ターンの最初に ARTS を選び、以降の札の NP 獲得量を伸ばす。
 (c) ARTS を 3 枚選び、アーツチェインボーナスの NP +20% を狙う。


 を念頭に置いておくだけで、クエスト中に 2~3回も宝具が撃てる状態になる!

 ここまではっきりと値が出てくれば、もう十分だろう。

 「宝具を撃つためには、礼装が必要だ」というのは、間違っている。




 待て、という人も、当然いると思う。
 特にテクニックの (C) 。ARTS を 3枚選ぶなんて運任せだ。
 書いてるお前だって、「幸運にも」とか言っていたじゃないか! と。

 もちろんその通り。あれは幸運だった。
 しかし、後半のデッキでは、 アーツチェインの発生は幸運ではない

 アーツチェインは、狙って起こすことができるのだ。

 読み続ける前に、できればこの記事を確認して欲しい。
 かなり読みづらいけれど、必要なことは書いておいたつもりでいる。

 たとえば、僕が「幸運」だと言った、ARTS 5 枚のデッキを考えてみよう。
 15枚の山札の中から、 ARTS 5枚を含む手札を引く。
 一度に引く手札の上限枚数は 5 枚だ。

 すると、順番を考えなず、 ARTS の数のみに着目したなら、望むカードを一定枚数以上デッキに入れておくと、かならずその色のチェインを起こすことができる

 これは、1 色のカードが 6 枚以上から目に見えて安定し始める。というより、 3 つのテクニックのうち (c) ばかりでなく、 (a)(b) がものすごくやりやすくなるのだ。
 たとえば 6 枚では、 アーツチェインが発生しないパターンになってしまったとしても、かならず「最初に ARTS を使い、 3 枚めを ARTS で〆る」 が可能になる。
(どういうパターンがあり得るか、ちょっと考えてみてほしい)

 つまり、こうだ。
 デッキの中の ARTS 枚数を上げれば、礼装なしでも宝具を撃てるだけ、 NP チャージを行うことができる。
(もちろん 礼装があれば、より楽になる)

 このへんのカード枚数絡みの話は、与太話の避難所さんの記事 がよくまとめてくださっている。

 おおよそこのあたりが、 NP を溜めるための基本的な動き、ということになる。
 完結編では、少し手のこんだ NP チャージ法について触れようと思う。
 まあ、それはちょっと高度すぎて、僕にもうまく扱えないやつであったりする。
 そちらがわのスペシャリスト的な攻略サイトも参照しながら、話をしよう。

(次回最終回、幻想空論(後)に続く)
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
    Twitter

    カレンダー

    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

     

    フリーエリア

     

    最新コメント

    [01/13 NONAME]
    [01/06 NONAME]

     

    最新トラックバック

     

    プロフィール

    HN:
    里村邦彦
    性別:
    男性
    職業:
    研修
    趣味:
    無電源ゲームほか
    自己紹介:
    年貢の納め時が近い。

     

    バーコード

     

    ブログ内検索

     

    P R

     

    アクセス解析