忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FGOのtips。(デッキについて)

またまたFGOの話。カード周りのシステムがよくわからない、という話を耳にしたので、なんとなくざっくり纏めてみたもの。



 カードがどういう風に動いているか? というお話。



 霊基一覧などから確認できるように、各サーヴァントは5枚のコマンドカードを持っている。



 スタメンで並ぶサーヴァントは常に3人。サーヴァント3*5で15枚のコマンドカードを混ぜて山札を作る。実際のカードを混ぜるようなイメージでいい。



 15枚ある山札から、5枚引いて手札にする。



 手札から行動に使う3枚を選ぶ。残りの2枚は捨て札になり、山を切り直すまでとりあえず出番はない。



 行動(こちらの攻撃)が終わったら、選ばれた手札も捨て札になる。



 次のターン開始時には、また5枚カードを引く。同じ手順を山札が切れるまで繰り返す。つまり3回、3ターンこれを繰り返す。普通は。

 

 4ターン目は、山札がないことになる。これはこまるので、捨て札を全てまたシャッフルして山札にする。動きとしては、1ターン目に戻る。

 FGOの戦闘システムは、これをずっと繰り返して回っていく。waveをまたいだ場合でも、この流れは継続する。ただ例外がひとつある。サーヴァントが死んだときだ。



 サーヴァントが敵の攻撃や自分の宝具の効果、あるいはバッドステータスのダメージなどで死んだ場合、山札と捨て札には「対応したキャラがいない札」が残っていることになる。



 そこで、まずは山札と捨札から、死んだキャラのコマンドカードを全て取り除く。そうすると、山札はだいたいハンパな数になってしまう。そこでこうだ。



 控えキャラの持ち札と捨て札をすべて山に加えて切り直す。これで山札の枚数は5の倍数になるから、毎回5枚引いてちょうど山が切れるまで引ききれる。ちなみに、残りキャラが2人しかいないときには山札は10枚、1人のときは5枚ということになって、どちらの場合でも毎回手札を5枚引くことができる。

 これを頭に入れておくと、「山札に残ってるカードはだいたいこんな感じ」「同じ色のカードをこれだけ入れておいたら、確実に染め手が使える」などの悪巧みができる。
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
    Twitter

    カレンダー

    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

     

    フリーエリア

     

    最新コメント

    [01/13 NONAME]
    [01/06 NONAME]

     

    最新トラックバック

     

    プロフィール

    HN:
    里村邦彦
    性別:
    男性
    職業:
    研修
    趣味:
    無電源ゲームほか
    自己紹介:
    年貢の納め時が近い。

     

    バーコード

     

    ブログ内検索

     

    P R

     

    アクセス解析